2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
プロフィール
FC2ブログランキング
こっちもブログランキング
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブロとも一覧
月別アーカイブ
RSSフィード
お気に入り
ブロとも申請フォーム
QRコード
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
治験に向けての一歩
2014年01月28日(火)
昨日、調子に乗って夜更かしして、めっちゃねむねむなえふいーでっす♪

今日は、通院日でした。

通院日であり、治験に向けての準備と診察。

病院に着くと、治験コーディネーターの方が2人待ち構えていました。

今回は、採血・尿検査・心電図。他に必要な検査は、ほぼ入院中に済んでいるので、こんな感じ。

その検査が終わったら、治験オリエンテーションみたいな、説明をた〜〜〜〜〜くさん受けました。

今回、治験に参加するのは、武田薬品Vedolizumab。コード番号MLN0002。

関連記事(むずい)http://www.takeda.co.jp/news/2013/20131210_6095.html

まー、どういう薬かって言うと、私たちクローン患者は、自己免疫が過剰で、自分の腸を傷めてしまう厄介な腸をもっています。この薬は、腸管の以上な免疫反応を起こしているリンパ球(白血球全体のたった1%)だけを抑えるんだそうです。悪さをする子だけを、おとなしくさせる訳ね。そのため、副作用も少なくて、効果が期待できるそうですよ〜。

治験って怖い気もするけど、レミケもヒュミラも効かなくなり、直腸の狭窄起こして、危うくストマになるところだったことを考えたら、これもチャンスかなと思ってます。

今回は治験のどの段階に当たるかというと・・・
①動物で効果と安全性を確認
②少数の健康な人で安全性を確認
③比較的少数の患者さんで効果と安全性を確認
④多数の患者さんで効果と安全性を確認
⑤治験の結果を厚生労働省に提出
⑥厚生労働省の承認
⑦新薬として、病院で使用可能

の中の④ですよ!!ということは、これでいい成果が現れれば、認可される日も近いぜ。

ただし〜、治験にはプラセボという落とし穴があるんですね〜。

私が、プラセボグループか本物グループかは、わかりません。

私・・・ポジシンだからな〜。プラセボでもむっちゃ効きそうでこわいわw

とりあえず、2月14日までの体調日誌(IBDスコアをつけるため)と今日、入院中の検査などのデータを素に、大丈夫であれば(スコアが良過ぎても悪過ぎてもダメなんだ)、その日に第1回目が行われます。

ドッキドキだよね。

乞うご期待!!

今日の食事
朝:ラコール
昼:3色割子そば(梅おろし・納豆・とろろ)
夕:ご飯
  餃子
間:キャラメル
  ヤクルト
夕食は、面倒くさくて冷凍の餃子〜。


ノンオイルだけど、ふわっふわでおいしいシフォンケーキだよ♪
関連記事
スポンサーサイト
【編集】 21:28 |  治験の話  | TB(0) | CM(8) | Top↑
コメント
治験始まりそうですね
新薬、体調の相性もあるから、効くといいですね
プラセボ無しでは、治験として成立しないんでしょうが、ちょっとドキドキですね
薬が効いて、体調が落ち着く事を祈ってます
頑張って~
SHU |  2014.01.29(水) 00:13 | URL 【コメント編集
●プラセボ一番
えふいーさん、こんにちは。

思うに、プラセボが効くってのが一番ですよね。

プラセボ一番、新薬二番
http://www.bunmeido.co.jp/museum/cm/

いずれにせよ、
治験うまくいって元気出るように祈ってます。
炭酸フリーク |  2014.01.29(水) 21:31 | URL 【コメント編集
●コメントありがとう♪
>SHUさん
こちらの病院に転院して、展開が早いです。
治験としては、ちょうどいい、中度の状態ってことで、治験は多分OKかと思います。
日誌は、よくつけすぎないようには、再度念を押されましたけどねw

>炭酸フリークさん
あはは。文明堂のCM覚えてるよ〜♪
プラセボであれ、何であれ症状が落ち着いてほしいです。
でも、認可にこぎつけるためには、本物の薬でがっつり効くのが一番なんでしょうね。
うまくいくといいな〜。
えふいー |  2014.02.02(日) 10:54 | URL 【コメント編集
●はじめまして!
何度かブログ拝見させて頂いておりました。初めてコメントさせて頂きます。私も札幌在住でして旦那がクローン病です。クローン歴も長くなく、全然勉強不足でしてどこの病院がいいのか等、詳しくありません。現在新しい病院に通院されていると言う事で、とても興味があります。もし、宜しければ参考までにどちらの病院に通院されているのか教えて頂けますか?クローンで有名な病院でしょうか?現在は、大きな総合病院に通院してますがクローン専門では無いようなんです。宜しければ、お時間ある時にでもご返信頂ければ助かります。どうぞ宜しくお願い致します。
えみ |  2014.02.03(月) 17:41 | URL 【コメント編集
●コメントありがとう♪
>えみさん
はじめましてえみさん♪
コメントありがとうございます。
ご主人が、クローンさんなんですね。患者本人はもちろんですが、ご家族の心労は計り知れないと思います。クローン病と長い付き合いになりますが、ご夫婦で力を合わせてがんばってくださいね。
私が以前通っていた病院は、大きな病院で消化器科の先生にかかっていました。クローン病やUCの患者も数多く診ている先生です。が、IBD専門ではありません。
転院した東徳洲会病院には、IBD外来があります。そこには、IBDを専門に診る先生が4名、チームとなって診療しています。やはり、IBDならではの診察方法があり、当たり前ですが、専門性を感じます。前の先生はもちろん、お世話になり感謝していますが、転院して良かったと思っています。
えみさんの旦那さんが、いい治療に恵まれますように!!
えふいー |  2014.02.03(月) 22:08 | URL 【コメント編集
●お返事有難うございます。
とてもわかり易く教えて頂き有難うございます!東徳州会病院はIBD専門なんですね。知らなかったです。とても、いい事を教えて頂きました!現在は市立病院に通院しています。本当にこのままの治療でいいのかと、凄く悩んでいました。
食べ物等も、相談出来る場所が無く決まったものしか食べさせてあげられなくて、えふぃーさんのブログを参考にさせて頂いていました!
本当に助かっています!
やはり、専門の病院の方がいいのでは無いかなーと転院も頭にあり悩んでいました。働きながらの通院も本当に大変ですしね。えふぃーさんも、働きながらこの病気に向き合ってる姿をブログから拝見させて貰い勇気付けられています!旦那とまた相談してみようと思います。有難うございました!
えみ |  2014.02.04(火) 16:29 | URL 【コメント編集
●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2014.02.04(火) 21:55 |  【コメント編集
●コメントありがとう♪
>えみさん
食べ物について、食事指導は受けなかったのかしら???私は、指導されたことを元に、今はいろいろアレンジしてクローン風に作っています。後、このブログにも貼り付けてありますが、「安心レシピでいただきます」は、愛読書です。結構、バリエーションが広がりますよ。
私の場合は、主治医との付き合いが子どもからだったので、本当に寂しい思いでいっぱいでしたが、自分の体が1番です。よく考えて、選択してくださいね。
えふいー |  2014.02.05(水) 21:47 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
カウンター
おすすめ
武道館まで
お役立ち
楽天ランキング
義援金募集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。